相続の流れとその期限

相続の流れ

ここでは相続の流れをご紹介いたします。
相続は被相続人が亡くなったときから始まります。
相続については、民法で細かい規定が定められていますが、実際は被相続人や相続人の意見を尊重することを優先して考えられています。
このため、遺言書の有無や相続人全体の話し合いが重視されており、これによって相続の手続きも変わってきます。

 

以下は、相続手続き全体の流れとその期間を、わかりやすく図にしたものです。

相続の流れ 注意点
死亡(相続開始)
葬儀の準備・死亡届の提出
死亡届は7日以内に提出
   ↓
葬儀  
   ↓
四九日法要
相続財産・債務の概略調査
 相続放棄・限定承認の検討
   ↓
 相続放棄・限定承認
 (3ヶ月以内)
 相続人の確認
戸籍を取り寄せて調べます
   ↓
所得税の申告と納付
 (4ヶ月以内)
 相続財産・債務の調査
 相続財産の評価
相続財産目録の作成
   ↓
 遺産分割協議
 (49日をめどに始める)
 遺産分割を協議
相続人全員の実印と印鑑証明
 納税の方法、延納・物納の検討
   ↓
相続税の納付
 (10ヶ月以内)
税務署に申告・納税
   ↓
遺産の名義変更手続 不動産の相続登記など
このように、相続が発生すると、様々な行政上の手続を一定期限までに着手する必要があります。この期限内にしっかりと手続きを進めないと、知らなかったでは済まされない失敗をしてしまう事にもなりかねません。
相続手続の中にはいろいろな所に落とし穴がありますから、過信せずひとつひとつ丁寧に進めていくことをお勧めします。

ImgTop8.jpg

 

当事務所に関する詳しい内容はこちら

pic1.PNG

料金表

 

事務所紹介

 

スタッフ紹介

アクセスマップ

 

初回ご相談のご予約

 

ホームへ戻る