相続の専門家とは?

 
相続が発生したらいったい誰に相談すればよいのでしょうか?
ここでは、相続に関して誰に相談するのが最もかしこい選択なのかを見ていきます。
「信頼できそう」、「相性が合う」というのはとても重要な要素ですが、それと相続の問題を解決するプロであるかは、全く別の問題です。
 
是非、それぞれの『相続の専門家』を比較してみて、「誰に相談・依頼すればいいのか・・・?」の悩みを解決していただきたいと思います。


  司法書士 行政書士 税理士  金融機関
事業の領域
般顧客専門の
司法書士
許認可申請
遺産分割協議書の
作成
相続税の申告 信託業務
目的 手続業務 手続業務 税務申告・資産運用  財産の売買・管理・運用
対象とするお客様 全般 全般 相続税が発生する方が対象 相続財産3億円以上の富裕層
対応している領域 手続全般  遺産分割協議書の作成中心  相続税の申告中心 手続全般
専門度合い 相続登記は半分以上の確率で発生
相続に特化
個人客対象は全体の2~3割程度  顧客層は全体の5% 顧客層は全体の1%

 

各専門家の業務内容

弁護士のメイン業務は、訴訟、裁判などの争いごとです。
もめるようなケースに発展した場合、相談者の立場に立って解決に導いてくれるでしょう。
 
司法書士の主な業務は、相続不動産の名義変更(相続登記)です。
近年、相続に力を入れて遺言書作成のサポートや、後見制度に詳しい司法書士が少しずつ増えてきましたが、まだまだ不動産の名義変更業務ばかりの事務所が多いのが現状です。
 
行政書士の仕事のメインは許認可の申請で、相続においては遺言書作成サポート、遺産分割協議書の作成です。しかし、相続問題に関わったことがない行政書士が多いという事実もあります。また、資格者1人で業務を行っている個人事務所が多いため、組織的なサポートができず、相談者にとって安心できる対応かどうか、という点では多少、難ありかもしれません。
 
相続における税理士のメイン業務は、相続税の申告とそれに伴う調査です。 
特に相続税申告においては、経験値と知識がモノを言いますので、経験豊富な税理士を選んで依頼するのが安心でしょう。
 
相続サポートセンターはワンストップサービスを行なっているため、各専門家の窓口となって一括でご相談を承ります!

ImgTop8.jpg

 

当事務所に関する詳しい内容はこちら

pic1.PNG

料金表

 

事務所紹介

 

スタッフ紹介

アクセスマップ

 

初回ご相談のご予約

 

ホームへ戻る