相続人調査

 

ここでは、相続において最も重要な相続人調査について説明いたします。
 
誰が相続人なのかを調べるためには、亡くなった方の「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」等を出生から死亡まですべて取得する必要があります。
 
この相続人調査・戸籍調査を怠ると、相続手続きが滞るばかりでなく、後々思いもよらない相続人が発覚し、遺産分割協議のやり直しやトラブルに発展することもあります。
相続における、相続人調査はとても重要なポイントとなります。
「相続人が誰になるかは、だいたい分かっている」というような場合であっても、必ず戸籍を収集して相続人が誰であるかを客観的な資料をもって証明する必要があります。
 

戸籍を収集する

 

戸籍とは、夫婦と未婚の子供を単位に編成された身分関係を明確にするためのものです。
戸籍を収集する場合は、本籍地のある市区町村役場で手続きを行う必要があります。
ただし、本籍地が遠方にある場合や、都合によりに手続きに行けない場合は郵送による申請も可能です。
戸籍を請求できるのは、基本的にはその戸籍の構成員や直系親族の方々です。
代理人が請求する場合は委任状が必要になります。
ただし、司法書士などの国家資格をもったプロに依頼をして戸籍を請求する場合は、委任状は必要ありません。

そして、収集すべき戸籍には何種類かあります!
それでは、相続人を確定するための被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本類とはどんなものでしょう。
戸籍謄本の種類には戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍、戸籍の附票があります。
 

戸籍謄本

 

私たちが戸籍と聞いた場合に思い出すのがこの戸籍謄本で、いわゆる現在の戸籍です。
夫婦と子を単位で成り立っており、夫婦のどちらかが筆頭者となります。
もし子が結婚した場合には、新たに子夫婦のどちらかを筆頭者とした戸籍が作られます。
相続人調査において必要となる戸籍のひとつです。
 
 

除籍謄本

 

戸籍に記載されている人が、死亡や婚姻などによって戸籍上の人が全員抜けて誰もいなくなると、その戸籍は除籍となります。この除籍の写しが除籍謄本です。
 
 

改製原戸籍

 

改製原戸籍とは、法令の改正などによって作り変えられる前の戸籍のことをいいます。
 
なぜ、相続人の調査に作り変えられる前の戸籍である改製原戸籍が必要かといいますと、
改製後の戸籍には、その時に必要な情報しか載っていないからなのです。
戸籍謄本を収集して相続人を確定したとしても、それだけでは不十分なのです。
改製原戸籍を取得しておかないと、相続人であるはずのその他の存在は分からないのです。
この改製原戸籍に相続人が一人でもいた場合、相続人すべての合意が必要な遺産分割協議書は無効となります。
 

戸籍の附票

 

戸籍の附票とは、その戸籍が出来たときからの住所変更履歴が記載されたもので、戸籍に記載されている人が引越などをして役所に住所変更をした際、この戸籍の附票に新しい住所が記載されていきます。
戸籍の附票は、住所を確認するために必要とされます。

ImgTop8.jpg

 

当事務所に関する詳しい内容はこちら

pic1.PNG

料金表

 

事務所紹介

 

スタッフ紹介

アクセスマップ

 

初回ご相談のご予約

 

ホームへ戻る