単純承認



単純承認とは、相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法のことです。
相続開始を知った時から3ヶ月以内(熟慮期間とも言います)に限定承認・相続放棄の手続きをとらない場合、自動的にこの単純承認という方法を取ったとみなされます。

しかしながら、相続開始を知らなかった場合は、単純承認したことにはなりません。

ところで、どのような場合に単純承認したことになるのでしょうか?
一般的な3つのケースをご紹介します。

 

1. 相続人が、相続財産の一部または全部を処分したとき



相続人が相続財産の一部または全てを処分した場合には、単純承認したとされます。
ただし、葬儀費用として財産を活用することは、これに当たらないと考えられています。

 

2.相続人が相続開始を知った時から3ヶ月以内に限定承認又は放棄をしなかったとき


相続の方法には、単純承認以外に相続放棄と限定承認という方法があります。どの方法を選ぶか考える期間(熟慮期間)が3ヶ月設けられていますが、その期間を超えても相続放棄または限定承認の申請をしない場合には、単純承認したとされます。
 
 

3. 相続人が相続財産を隠匿していた場合


相続人が相続財産の一部または全部を隠蔽し、私的に流用し、財産目録に記載しなかった場合は、相続する意思がたとえなかったとしても、自動的に単純承認になります。
 

単純承認には特別な手続きは必要なく、3ヶ月を過ぎて限定承認または相続放棄を申し出ない場合には自動的に単純承認したとみなされます。
ただし、相続の名義変更、相続税申告などの各種手続きは必要となりますので、詳しくは相続手続きチェック表をご覧ください。
 
なお、単純承認は無限に権利義務を承継するため、相続するかどうかの判断を慎重に行う必要があります。
マイナスの財産が多い場合には、限定承認もしくは相続放棄という方法を取ることも検討しましょう
 
当事務所では、相続に関するご相談を無料でお受けしております。

ImgTop8.jpg

 

当事務所に関する詳しい内容はこちら

pic1.PNG

料金表

 

事務所紹介

 

スタッフ紹介

アクセスマップ

 

初回ご相談のご予約

 

ホームへ戻る