相続税

ImgTop7.jpg
相続税とはお亡くなりになられた方が残した財産を相続人などが遺言書や遺産分割協議により取得したときにかかる税金のことです。
多くの方が「相続税=税理士
」というイメージをお持ちと思いますが、相続税に関してこれだけは知っておいていただきたいことがあります。
 
それは、相続税申告に関しては相続の経験豊富な税理士に相談しましょうということです。
また、相続税の申告と納税は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に、亡くなった方の亡くなった当時の住所地の税務署に対して行わなければなりませんが、相続税申告を行うには、最低でも2ヶ月程度の期間を要することが多いため、早めに準備をされることをお薦めします。

 

もし、申告の期限までに申告しなかった場合には加算税が、期限までに納めなかった場合には、延滞税がかかりますので注意が必要です。

>>詳しくはコチラ

 

相続税とは

 

相続税とは、相続や遺贈によって財産を得る際、

一定以上の財産がある場合に課せられます。

まずは相続税とはどのようなものなのかを理解しましょう。

>>詳しくはコチラ

 

相続税の評価

 

相続税とはある一定以上の財産を得るときに、国から課せられる税金のことです。

では、相続税がどのように算出されるのか、

いったいいくらの相続税が掛かるのかを把握しましょう。

>>詳しくはコチラ

 

相続対策3つの視点

 

相続税の対策は大きく3つあります。

1.相続税をどうやって納税するか、の納税対策

2.相続税をいかに節税するか、の節税対策

3.親族間でもめないようにする、分割・もめない対策

以下で詳しく記載していますので、参考にしてください。

>>詳しくはコチラ

 

相続税の申告と納付

 

相続税の申告は、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に提出しなければなりません。 

申告書は、被相続人の死亡時の住所を所轄する税務署に提出します。

まずは相続税が発生するか否かを確認しましょう。 

>>詳しくはコチラ

 

相続税申告に必要な資料

 

相続税申告に必要となる書類は、相続する財産によって様々です。

どのような書類が必要になるのかを確認しましょう。

>>詳しくはコチラ

 

延納と物納

 

相続する財産が大きければ、相続税はその分多く課税されることになります。

相続税の納付は、現金で一括して納付することが原則になっています。

多額の税金が支払えない場合は、早めに延納または物納の手続きをとりましょう。

>>詳しくはコチラ

 

 

 

 

ImgTop8.jpg

 

当事務所に関する詳しい内容はこちら

pic1.PNG

料金表

 

事務所紹介

 

スタッフ紹介

アクセスマップ

 

初回ご相談のご予約

 

ホームへ戻る