生前贈与

kojima.PNG

生前贈与とは死亡する前に財産を渡すことで、相続税対策の一つとして行われることが多いです。

しかしながら、生前贈与の場合は相続税の代わりに、税率の高い「贈与税」がかかりますので、さまざまな特例を上手に活用しながら行うこととなります。ですから、相続分野に強い税理士に相談することが大切です。税理士に依頼する前に、実績や経験などを確認した方がよいでしょう。

特に税額は、経験や知識により大きく異なる部分です。
「生前に贈与しなければよかった」、
「こんなに税金がかかるならばやらなければよかった」
と、後から気が付いても手遅れになりかねません。

そうならないためにも、税理士選びは慎重に行っていただき、
またご自身でもしっかりと理解を深めていただければと思います。 

 

生前贈与とは

生前贈与を活用して税金を下げるにはいくつかのポイントがあります。
そこで、まずは生前贈与とはどのようなものかというポイントを押さえておきましょう。

>>詳しくはコチラ

 

 

暦年贈与と連年贈与

年110万円の基礎控除額を上手に活用すれば相続税を下げることができますが、活用方法が計画的であると受けとられると生前贈与の特例が認められない場合があります。

そうならないためにしっかりと理解しておきましょう。

>>詳しくはコチラ

 

贈与税

贈与税とは、個人から現金や不動産など、価値のあるものをもらったときにかかる税金のことです。

以下で詳しく記載していますので、ご参考にしてください。

>>詳しくはコチラ

 

相続時精算課税とは

 

親から子への贈与をスムーズにするようにという目的でつくられた制度です。

生前に贈与をした場合には贈与税が軽減しますが、その代わりに相続時には贈与された財産と相続された財産を足した額に税金がかかるという制度で、活用した方が得か、活用しない方が得かは判断が分かれるケースが多いです。

>>詳しくはコチラ

 

夫婦間の贈与について

ご夫婦間の贈与については

・土地のみを贈与
・建物のみを贈与
・土地と建物の両方を一部ずつ贈与

など、様々なものがあります。

>>詳しくはコチラ

ImgTop8.jpg

 

当事務所に関する詳しい内容はこちら

pic1.PNG

料金表

 

事務所紹介

 

スタッフ紹介

アクセスマップ

 

初回ご相談のご予約

 

ホームへ戻る